2015年04月19日

遠征だぜ

ちょっと遠征で本州最南端の串本へ

事前の情報ではソコソコ釣れてる様子

しかし・・・・・・・・。

現地に着くとなんて天気なんだよと言いたくなる天気

風速8mで雨

ほぼ台風ですね。

エギングの大敵は雨と風

天候の回復を待ってからというもの回復しそうにありません。

とりあえず、串本手前の和歌山で一泊。
急きょの一泊のため激安なお宿へ逃げ込みました

一泊というか仮眠という感じで午前3時に宿を後にして串本に出撃

雨の影響があるので海の色を見たりしながらでランガンすることに
ときどきいいところで竿を出すけど・・・・・・・・。
IMG_9215.jpg

まったくバイトなし

IMG_9208.jpg

記念撮影で撤収










にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 


posted by とある島の釣り人 at 11:23| Comment(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その12

長いリハビリ生活が始まりました。

リハビリってどうするって感じで始まりました。
とりあえず、理学療法士さんのいうことは手首が稼動する範囲には角度がありそ
こまで
動けば良いというものでした。
手首を手のひら側に折って90度、反対側に75度、まっすぐ伸ばし小指側に45度
親指側に15度に動くこと。

理学療法士さんによりリハビリの手順や手法が違うようで私の行った病院では
4名の理学療法士さんがいました。
マッサージでリハビリするタイプ、ストレッチでリハビリするタイプと分かれていました。

理学療法士さんが行うマッサージは一本一本の靭帯や手首の回りにある小さな骨

一個一個を揉みほぐして動かして稼動を広げるという手法でした。
マッサージのあとは血流が劇的によくなり熱を持つぐらいになります。
熱を持つといっても炎症で熱を持つような感じではなく温熱パックで暖められて
いるよう
な感じでした。
熱源は骨や靭帯、軟骨など内側から出てくるそんな奇妙で不思議な感覚でした。

修復されていると実感できることでもあります。

そんなマッサージが自宅でできるわけでなく自分ができることはひたすら稼動域

広げること。
床に座った状態で手のひらを床につけて可能な限り曲げること。
ゆっくりとゆっくりと曲げます。手首の角度を微妙に変えながら折り曲げていき
ます。
そのときに脳がこの角度なら痛みなく曲げることができると判断するようです。
痛みのない角度を探しながら曲げていく作業を地道に続けます。
お風呂上がりが一番効果的なので1時間ぐらいは手首をいろいろな方向へ
ゆっくりと曲げていきます。

それを1ヶ月は続けていきました。


TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その13へ つづく


IMG_1564.jpg











にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 12:48| Comment(0) | TFCC損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その11

なんでも左手で生活するって大変でした。
いろいろ工夫をしなければいけません。
ご飯を食べるにはフォーク。味気ないこと極まりないですね。
トイレの大きい方を左手で拭く・・・これも難しかったです。
歯磨きは磨き残しが多いため時間がかかり朝の忙しい時間がさらに忙しくなりま
す。
車の運転も控えました。とっさの動きができないので最小限にしましたよ。
こまかなことを書くときりがないくらいでした。

そんな生活から三週間後に開放されました。

医師に固定具をはずしてもらいこれからリハビリだよ。ゆっくりやっていこう。
医師が手首をクイっと返すとビキーーー。思わず痛いと声を上げてしまうほど。
医師もこれはちょっとリハビリが大変かもね、、、と汗な顔でした。

リハビリルームへ行き理学療法士の先生に手首の稼動領域の確認をしてもらい
主にストレッチのやり方を教えてもらった。


なんでこんなに動かないのかと思うぐらいに動かない。
固定具をはずして これで自由だ・・・なんて思っていたらそんなことはありま
せんでした。
なんと、手首が返せない、曲がらないことはこれほどまでに不便なことか。
手首の中に鉛の大きな玉が入っているような感覚でこれが邪魔して動かない。
靭帯や筋肉が硬直しているようです。
ほぐしながら動くようにしていくけどこれができない。

家に帰ってから右手で箸でつまんでご飯を口に持っていこうとするが・・・あと
1センチのところまできて手首が曲がらない、返せない。
長いリハビリ戦線の始まりです。


>TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その12へ つづく

IMG_1408.jpg












にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 14:00| Comment(0) | TFCC損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その10

手術後の診察はもっぱら消毒と経過観察。
正直、動かすと手術したところだけでなくそれに引っ張られる筋が痛みます。
なんとなく前進したのか後進したのかわからなくなるような感じです。
手首をひねったりする動作や力を入れたときにくる不快な痛みから解放されると
信じるしかない毎日です。
でも、現状は切り開き、筋と縫合しているため痛みが出ています。

手術から10日が経過し抜糸しました。
内容はいたって簡単見えている糸をハサミで切ってスルリと抜くだけ。

医師が言うには、外から水がかかっても問題ないぐらいに表面はついているけど
まだ、お風呂には入れないよ。といって固定具で再度固定です。

あと2週間でこの固定具が外れると思う・・・・・この2週間が長いです。


>TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その11へ つづく



IMG_1370.jpg










にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 12:22| Comment(0) | TFCC損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その9

手術から三日後に無事に退院しました。

入院中はこれといってすることもなく備え付けのテレビを見ても楽しくないので
もっぱら東野圭吾の小説を読み漁るだけでした。

右腕が不自由というのは不便極まりないというのが身にしみるのは日常生活に戻
ってからでした。

経過が良好なため手術から3日後に退院し、4日目には会社へ出勤することができ
ました。出勤する日の、意外と朝からバタバタ。右手が使えないことを一応は想
定していましたが・・・。
まずは歯磨き、左手で歯磨きすると・・・磨き残しがめちゃくちゃ多い。
髭剃りは愛用のジレットのT字の電動4枚刃、いつもならば完璧に剃れるが左手だ

なかなかうまくいかずしかも微妙な手加減ができないのでカミソリ負けがいたる
ところにできてヒリヒリしまくりです。

これが3週間続くかと思うとすこし憂鬱になるぐらいでした。

会社の仕事は基本的にパソコンに向かってする仕事が多く重い荷物を持ったりす
ることが
あまりないため苦労することはないので安心。

しかし、あまり居心地のいい会社ではないので三角巾で右手をぶら下げている姿
は奇異の
目で見られているような感じでした。
まあ3週間の我慢ですね。

手術後の様子は指をしっかり動かすことで手の腫れが解消されるのでなるべく動
かし
ときおり心臓より上にして血流を下げることに終始することぐらい。

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その10へ つづく











にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 09:40| Comment(0) | TFCC損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする