2017年01月09日

ゴアテックス最安 シューズ

いつも履いているアウトドアシューズがもうボロボロ

KEENキーンのターギー2です。
IMG_9379.jpg
くたびれてきたのでそろそろ買い替えどきです。
なにを買おうか悩んでしまいます。


アウトドアシューズに求められるモノとは
足をしっかりホールドする。
歩きにくい岩場を長時間歩いても疲れにくい。
ちょっと足を滑らせたとしてもケガから守ってくれる。
雨の日に水が入ってこないこと。

おおよそのメーカーならばどれでも高次元でクリアします。
しかし、雨対策はゴアテックス(Gore-Tex)です。

そのゴアテックス(Gore-Tex)搭載でいいヤツを見つけました。
おそらくゴアテックス(Gore-Tex)の中では最安だと思います。

そう、ゴアテックス(Gore-Tex)を搭載したアウトドアシューズの最安はこれだと思います。

アディダス  AX2 MID GTX
aq4049-1.jpg

ミッドカットで1万円を切る。
しかもアディダスというシューズメーカーですよ。

防水機能はゴアテックス。
日帰り登山から小屋泊程度まで対応可能。
富士山、屋久島など、整備された登山道を歩くのに最適なモデル。

アウトソールは実績十分なTRAXION(トラクション)アウトソール
あらゆる環境下で安定したグリップ力を発揮するアディダスオリジナルソール。

aq4049-3.jpg
ソール形状は上位モデルのFast Rを引き継いでいますね。

衝撃吸収はadiprene(アディプリン)
aq4049-2.jpg
踵部に挿入されたadiprene(アディプリン)が衝撃を吸収します。

これ1万円を切るってことは自分的には衝撃的でしたよ。






















にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ







posted by とある島の釣り人 at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

自分のこだわり 革靴

スーツ、ネクタイ、革靴

この中で一番選び難いもの。。。
無題.png
自分的には革靴です。

スーツはフィッティングルームで着ることができるけど
革靴ももちろんお店で履けるけど、、、、。
歩いてみないと良し悪しがわからない。
歩くと言っても長く歩いてみないと本当に良いかどうかわからない。

仕事で一日10キロ以上歩くことがある私にとって革靴は
無題1.png
自分にとって重要なアイテムです。

20年以上革靴を履き続けてきていろいろなメーカーを履いた結果、、、、。

これは自信を持ってオススメできる革靴があります。

それって何万円もする高い革靴?
リー〇ルとかイギリスやイタリアの高級ブランドではありません。

というか、高いブランドの靴=良い靴 ではないからです。


わたしの行き着いたブランド?というかメーカーは
日本のしっかりしたメーカーであるアシックスです。

IMG_9382.jpg
ブランド名は『texcy luxe(テクシーリュクス)』

本革を使用した本格ビジネスシューズです。

一番のおすすめなところはスニーカーのような履き心地の快適紳士靴です。
どんな履き心地かというと。
個人的な感想は、、、、、。
ウォーキングシューズを履いているかのようなクッション性とホールド感ですね。
長く履いても疲れにくく歩きやすい。
しかも実勢価格5000円

えっ?安過ぎる?安物?
って思うと思います。

そんなことはありません。
これぐらいの価格でちょうどいいんですよ。
なぜかというと一度に3足買うからなんです。
3足でなくとも最低2足買います。

というのはいろいろデザインの革靴を3足(2足)を毎日履き替えます。
1足5000円を3足=15000円

なぜ履き替えるかというと。
革靴は毎日履くと革がクタクタになっちゃいます。
クタクタになった革靴はかっこ悪いですよ。

1足15000円の高級革靴を毎日履いて革がクタクタになってかっこ悪いのと
毎日デザインの違う革靴を履いて革がきれいな状態。

どちらがいいですか?

15000円を3足、、、、45000円
そんなお金をポンっと出せればいいですが。。。。

安月給な私には買うことができません。

革靴を休ませることが長持ちさせるコツです。
丸一日履いた革靴を二日休ませると革にハリが出てきます。

そこで5000円ぐらいのを革靴を履き替えるってパターンに行きつきました。

でも、安いから粗悪じゃないの?
確かに5000円程度の革靴の中には粗悪なものがあります。
正直、履くだけで足が痛くなる。
痛くなるのはまずは踵ですね。

無題4.jpg
安い革靴は赤丸の部分が硬いものが多いんですよ
踵のホールドできずアキレス腱が擦れしまうです。

それと靴の中(足の裏が踏ん張るところ)がツルツルしたものが
多く靴の中で動いてしまって歩くときに不要な力が入って疲れてしまうんですよ。
ツルツルしてる方が見れくれが良いからついつい手が伸びるんですよ。

インソールもウォーキングシューズのように取り外しできます。
それも利点ですね。
私は足幅が狭いんですよ。
正直、幅広の靴はいろいろ出てます。
でも、狭い人用ってないんです。
インソールが取り外しできるから別メーカーのインソールを入れて
足に合うように工夫できます。
他の革靴ではできませんよね。
こういうところも『texcy luxe(テクシーリュクス)』をお勧めするところです。




それと
『texcy luxe(テクシーリュクス)』はデザインが豊富なんですよ。
モンクストラップです。
IMG_9383.jpg


IMG_9377.jpg




一番スタンダードなプレーンタイプ
IMG_9373.jpg

スタンダードなタイプからイマドキのモンクストラップもありますよ。


posted by とある島の釣り人 at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

今週の読み物

東野圭吾の文庫本

マスカレードホテル

image.jpg

題材の通りホテルを舞台にした刑事モノ小説

新しい事件もの、刑事ものですね。

教授(福山)、刑事(阿部)ではない新たな俳優の香りがする小説に仕上がってます。

内容についてはネタバレになるので控えます。

でも、出てくる登場人物がどことなくテレビの中の男優、女優の香りがします。










にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 



 
posted by とある島の釣り人 at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

ちょっとお台場?

ちょっとお台場へ出かけてみた。

まだまだ夜は寒いね

遠くに見えるの封鎖できないレインボー?
IMG_1634.jpg
意外とお台場は広くて散歩のつもりで行ったけど歩くは歩く。

正直、冬に行くものではないね。

それと外国人が異常に多い。

おそらくこのエリアの半数は外国人と思われるぐらいに外国の旅行者が多い。

確かに近代の日本的な部分が凝縮されているエリアではある。

ダイバーショティでショッピングもできるしね

IMG_1641.jpg

女神もいるしこういうところは記念撮影のポイントしては最高だろうね。

昼に撮影すると色がない場所なんですよ。ビルの色はぼぼグレーだし海の色もきれいとは
言えないので夜での撮影がベスト。
屋形船もしっかり映って日本らしい画像かもしれません。


IMG_1631.jpg

そうそうガンダムはかなり秀逸ですね。

3Dプロジェクションマッピンングもされてかなり感動です。

でも、ここも外国人旅行者が多い。
おそらく75%は外国人。

多国籍な言葉が乱立してて日本じゃないみたいです。

ガンダムはアジア圏だけのものと思っていたけどブラジル系の人も多かったのが意外。










にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

今週の読み物

東野圭吾の文庫本

マスカレードホテル

image.jpg

題材の通りホテルを舞台にした刑事モノ小説

東野圭吾の刑事モノ小説と言えば、加賀恭一郎シリーズが
有名ですね。
テレビでもたくさん放映されました。

このマスカレードホテルの主人公は新田浩介。
帰国子女の刑事。英国が堪能なのは冒頭のホテルのクロークでのシーンで
すぐに現れます。

東野圭吾と言えば。

美女の存在。もちろん登場します。
誇り高く仕事熱心、キリッとした目つきの美女。

名前は山岸尚美

自らが泊まったホテルでの実体験に感動し大学卒業後、
そのホテルに就職するというホテルウーマン。
その性格は真面目、責任感の塊とでもいったところでしょうか。


主人公の新田浩介は加賀恭一郎とは違う冷静さと行動力があるようです。
それと周りを巻き込み信頼され行動する。

なんとも、新しいタイプの刑事です。

東野圭吾らしさを味わえる一冊だと思います。










にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする