2015年02月15日

インターライナーロッドのメンテナンス

ダイワのインターライナーロッドを使っているとメンテナンスはどうしてます?

っていう質問を受けます。

通常は釣行毎に水洗いをしています。

やり方はお湯でロッドの中を通水します。
海藻の細かなのでがロッドの先が出てきますよ。

マイクロファイバーのタオルできれいに拭いて乾燥させます。

それで十分です。

春や秋のエギングシーズンが終わるとこのスプレーを使います。

お湯で洗ってしっかりと塩分を取り除きます。
それから3週間ぐらいかけて乾燥させます。

IMG_0842.jpg
乾燥させたらこのスプレーをロッドに突っ込んでブシュっと4秒間。

ロッドにスプレーノズルを差し込みます。
スプレーノズルについているゴムをロッドにぴったりとつけてスプレーをます。
少しでもロッドとゴムの間に隙間があると白い粉がそこらじゅうに飛び散りますよ。
かなり危険なので注意しましょう。

吹き終わるとトントンと10回ぐらい固いところの叩きつけます。

乾燥させます。

それで完了です。









にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 


posted by とある島の釣り人 at 11:00| Comment(0) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その8

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その8

医師から言われたことは

なるべく動かさないこと。
指は動かしていいけど手首は動かさない。
包帯を外さないこと。
緩んできたら言ってください。
巻き直しするから。

ベッドで本を読んで音楽聞いて。
晩御飯はおかゆのようなものでした。

左手で食べます。
なかなか慣れないけどゆっくりと動かせば食べることができます。

なにもしてないけど疲れているようで夜はぐっすりと眠れました。

翌日、手術後、最初の診察
IMG_1353.jpg

傷口が生々しい。

医師曰く。

腫れが少ないからいい傾向だ。
消毒してまた
IMG_1333.jpg

固定具と包帯でぐるぐる巻き。
この固定具と包帯は消毒以外が3週間外すことはできません。


TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その9へ つづく











にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 21:24| Comment(0) | TFCC損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その7

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その7

一夜明け、手術の日

朝ごはんは食べることができないのでボケーと過ごして。

手術室へ歩いて移動。

異様な風景が目に入ります。

手術用の白衣というか緑色の手術用の制服を身にまとった看護師が
5名ぐらいかな。。。

こっちに頭を向けて寝てって言われ手術台に横たわります。

口の上にプラスチックのマスクを付けられて
麻酔医の○○です。お願いします。と言われ。

腕の点滴の管になにかたくさん付け替えしてるかと思ったら
麻酔医が
「マスクからも麻酔、出てるからね。
 腕から麻酔薬が入ると冷たく感じるからね。」

その5秒後には記憶がありません。

目が覚めたときには朝、起きた病室のベッドの上。
先生と家族が何やら話してる。
「しっかり結びましたから」っていうのが聞こえてきた。

起きるとこの姿になってた。

IMG_1333.jpg
腕が包帯と固定具で完全固定です。

痛みは、、、、、ない。

医師に麻酔はまだ効いていますか?
って、効くともう目が覚めてるから効いていないよ。

正直、不安と希望。

これであの痛みから解放されるならばと思うばかり。

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その8へ つづく












にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 21:06| Comment(0) | TFCC損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その6

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その6

さあ、手術です。

正直、入院は始めて、もちろん手術も始めてです。

入院する部屋に入ります。
そんなに広くなく相部屋です。
大きな病院ではないのでなんとい4人部屋。
うーん、最初から何人部屋が聞いておけばよかった。

看護師から説明を受けて

IMG_1325.jpg
荷物だけおいてナースステーションへ
そこで医師と最後手術確認。

あまり大きな病院ではないためカンファレンス室などなく、、、
お世辞にも設備的にはよくない。

それは事前にわかっていたこと。

自分が手術を決めた理由はこの病院の医師が信頼できて信頼できること。

診察をしてもらったときの医師の話し方、態度、その人の放つオーラ
物腰などなど、この医師にすべてに任せて手術してもらうことができると
感じたから。

これは大病院の医師であろうが小さな診療所の医師であろうが
関係なくいい医師が信頼できるかである。

その人の医師としてのすべてが診察での話し方に出ると思っている。

最後の診察で再びMRIの画像を見ながら三角筋靭帯の尺骨側が半分剥がれているから
これを伸ばして尺骨に穴を空けて通して縫い付ける手術をします。
医師からは全身麻酔だから寝てる間に終わるよ。

この時点で質問ありますか?

と、言われてもまな板の上の鯉なので今さら嫌だとか
冗談でも言えないし(*^^*)

尺骨に縫い付ける場所は空けてみてから決めるよ。
もし、靭帯が死んでて使えなかったり、補強する必要があれば
靭帯を移植するから。
手首の一部の靭帯は使われていない靭帯があって2割ぐらいの人はそもそもない人もいるから。
その靭帯を移植するよ。

手術前日に入院して採血して腕に点滴の管を通して病室でゆっくり過ごすだけ。

IMG_1330.jpg


前日という緊張感もない。

しかし、眠れないんだろうなと勝手に思って小説を持ち込みました。

心を落ち着けるためにも読書は最適。


TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)ってなによ その7へ つづく












にほんブログ村


にほんブログ村


エギングランキングへ


釣り・フィッシングランキングへ


 

posted by とある島の釣り人 at 18:09| Comment(0) | TFCC損傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする